千葉県生まれ。5歳からバレエを始める。
明治学院大学フランス文学科卒業後、ピアニスト、ミュージカルカンパニー、オペラ座ダンサーなどのフランス語通訳を務める。以前から強い興味を持っていたバレエ史を本格的に研究するため2005年、パリ第8大学ダンス学科学士課程(Licence)に入学。2011年、アラベスクの歴史についての修士論文(Master2)を提出し高評価を受ける。大学と並行してバレエ教師の教育課程でも学んだのちフランス国家バレエ教師資格取得。2009年よりパリ14区アマナスタジオで子供及び大人のクラスを担当。
渡仏後は主にクリスチャン・ポジョリに師事した他、LAACにおいて二コラ・ル・リッシュおよびクレールマリー・オスタに、2013-14年のロサンゼルス滞在ではフランシスコ・マルティネスに師事。

ひとりひとりの骨格や身体を尊重する「みんなのためのバレエ」がモットー。身体を単に「型」にはめることよりも、解剖学的に正しい動き、ひとつひとつのパの質、身体感覚を研ぎ澄ますことを大切に指導している。

自分の体のメンテナンスのため、また指導者としての身体の見方や感覚を補うためにもピラティス、フェルデンクライス、ジャイロトニック、アレクサンダーテクニックに親しむ。2015年マットピラティス(Polestar Pilates®)インストラクター資格取得。
定期的に講習会やセミナー(AFCMD (Analyse Fonctionnelle du Corps dans le Mouvement Dansé), AFMDC (Association Française des Maîtres de Danse Classique), Polestar Pilates, Dancers Life Support 等)を受講し教師としての勉強を続けている。

踊り好きの好奇心からアルゼンチンタンゴ、サルサ、ダンカンダンス、ベリーダンス、スウィング、ボリウッド等にも挑戦し、大人・子供を問わず自身のクラスを指導する際のインスピレーションにしている。